聖霊は語らない。聖霊は語らせる。聖霊はその気にさせるかた。

今日のみことば

ヨハネ⒗12‐15「…真理の霊が来ると、あなた方を導いて真理をことごとく悟らせる。その方は、自分から語るのではなく、聞いたことを語り、聞いたことを語り、また、これから起こことをあなた方に告げるからである。…」

感想

 「聖霊は自分からは語らない。」一瞬「エッ?」と思った。「一同は聖霊に満たされ、霊が語らせるままにほかの国々の言葉で話し出した」(使2・4)とあるからだ。
 いままで「聖霊が語らせた」ことを「聖霊が語った」と勘違いしていたように思う。聖霊は、あくまでもイエス様の弁護者として私たちの心を開き、素直にし、聞ける状態にしてくださる助け手。
 だから、聖霊はその気にさせる方。聖霊の役割が明確になった今朝のみことばだった。
聖母が花々で飾られた

人気の記事

指宿教会管理者の郡山です。よろしくお願いします!

信仰の質を高めるコツ----大文字の私と小文字の私を使い分ける

イエスの怒りは義憤、私たちの怒りは裁き、裁きは罪