山上の説教から感じるのはイエスさまは本当は厳しい人だったのではないか。

今日のみことば

マタイ7・15-20「偽予言者を警戒しなさい。…あなたがたはその実で彼らを見分ける。茨からぶどうが、あざみからいちじくが採れるだろうか。すべて良い木は良い実を結び、悪い木は悪い実を結ぶ。…」

感想

 インチキ預言者がいたらしい。といっても、人ごとのように聞いてはいけない。ここは、信者への厳しい要求として受け取らなければ意味はない。
 あなたがたは、インチキ信者であってはならない。インチキかどうかは実を見れば分かる。思わずドキンとしてしまう。
 自分をインチキ信者、インチキ司祭とは思っていないが、茨信者、あざみ信者、茨司祭、あざみ司祭であるのは普通。イエスさまから見れば「インチキだ!」と一括されるかもしれないが、片目をつぶってもらえそうな気もするのでそれほど神経質にはならない。
 それでも、ナントカ良い実を結ぶ今日でありたい。
園庭フェンスに咲くグロリアス

人気の記事

指宿教会管理者の郡山です。よろしくお願いします!

信仰の質を高めるコツ----大文字の私と小文字の私を使い分ける

イエスの怒りは義憤、私たちの怒りは裁き、裁きは罪