このところ毎日決別説教を聞かされ?た後の今朝はガラッと変わって…

今日のみことば

ヨハネ17・1‐11a「イエスは…天を仰いで言われた。『父よ時が来ました。…世から選び出してわたしに与えてくださった人々に、わたしはみ名を現しました。…彼らはみ言葉を守りました。…彼らのためにお願いします。世のためではなく、私に与えてくださった人々のためにお願いします。…私は彼らによって栄光を受けました。私はもはや世にはいません。彼らは世に残りますが、私はみもとに参ります。』」

感想

ユダの裏切りが予測されているのに、「彼らはみ言葉を守りました」はおかしいのでは?「この期に及んでもう泣き言は言わない」ということなのか?もっとも、次節では「滅びの子のほかは誰も滅びませんでした」(12節)と一言。きっと残念な気持ちだったと思う。しかし、これも御父の御手の中でのことなので失望することはない。この割り切りが信者であるかないかの分かれ目となる。信者らしい失望の仕方があることを主から学びたい。
まずはマリア様へのご挨拶

人気の記事

指宿教会管理者の郡山です。よろしくお願いします!

信仰の質を高めるコツ----大文字の私と小文字の私を使い分ける

イエスの怒りは義憤、私たちの怒りは裁き、裁きは罪