「私の荷は軽い」と言われたも確かめようのないことだが…

今日のみことば

マタイ11.28-30「疲れた者、重荷を負う者は誰でも私の元に来なさい。休ませてあげよう。私は柔和で謙遜な者だから、私の軛を負い、私に学びなさい。そうすれば、あなた方は安らぎを得られる。私の軛は負いやすく、私の荷は軽いからである。」

感想

 「私の荷は軽い」と言われても、「そうですか」というわけにはいかない。生木の十字架が軽かったはずがないではないか。どうしてもピンとこない話だ。しかし、イエス様の受難と死が私たちの救いのためだったことを考えると、思わず、「アーア!」とため息をつきたくなることでも、代わりにイエス様が担いで下さるので軽くなる?ウーム、ちょっと無理があるなー。すると、やっぱりこれは、物理的な話ではなくて、気持ちのモンダイ?つまり、「イエス様と一緒に担ぐ」気になったらできる。
 それもいいが、もう一つ大事なことがあるのではないかと思う。もし、イエス様に倣って、自分も日々、柔和と謙遜を生きようと本気になれば、十字架だと思ってため息をついていたこともヒョイと受け取れるようになる、のではないか。
一人を楽しむのは人間だけではなさそう


人気の記事

指宿教会管理者の郡山です。よろしくお願いします!

信仰の質を高めるコツ----大文字の私と小文字の私を使い分ける

イエスの怒りは義憤、私たちの怒りは裁き、裁きは罪