「しかない」と悲観的な弟子たちにイエスはパンの増加で答えられた

今日のみ言葉

マタイ14/13-21 イエスは、洗礼者ヨハネが死んだことを聞くと、船に乗ってそこを去り、一人人里離れたところに退かれた。しかし群衆はそのことを聞き、方々の町から歩いて後を追った。イエスは舟から上がり、大勢の群衆を見て深く憐れみ、その中の病人を癒された。夕暮れに名ttったので、弟子たちがイエスのそばに来て言った。「ここは人里離れたところで、もう時間もたちました。群衆を解散させてください。そうすれば、自分で村へ食べ物を買いに行くでしょう。」イエスは言われた。「行かせることはない。あなたがたが彼らに食べる物を与えなさい。」弟子たちは言った。「ここにはパン五つと魚二匹しかありません。」・・・。

感想

 「これだけしかない」というときの表情は明らかに曇り。周りの人も思わずため息をつく。しかし、「これだけならある」というなら、「じゃ、あるだけでやってみよう」という気になる。もちろん、これほど明瞭になるわけではないが、前者は「ない」ことが強調され、後者は「ある」ことが強調されている。
 信者なら常に後者を心掛けるべきことは今朝のみ言葉から明らか。もちろん、死活問題にかかわる重大なこともあるのでこんな風に言い切るのは問題だが。そうではなくて、日常生活の中で何気なく口にするこの失望の言葉が、私たちをいつの間にか「常識的信者」にしてしまうかもしれないことを意識したいと思うワケ。
一本だけ?まだまだ!やったー!


人気の記事

指宿教会管理者の郡山です。よろしくお願いします!

信仰の質を高めるコツ----大文字の私と小文字の私を使い分ける

イエスの怒りは義憤、私たちの怒りは裁き、裁きは罪