主の心はブルー。主に寄り添って主の心を味わう日にしたい

今日のみ言葉

ルカ7・31-35

感想

今日は、イエス様の嘆き節。お隣韓国教会は相変わらず大元気だというのに!教皇来日も控えているが、前教皇が訪韓された後の韓国は信者が急増したという。日本の場合は、まったく変化はなかった。今回も教会だけでなく日本の社会にも変化は期待できそうにない。まさに、今日の福音にあるように、”笛吹けど踊らず”。日本の人々は「何に例えたらよいか。彼らは何に似ているか」(32節)。

そんな社会の中にあって黙々と信仰する信者たちの存在は大きい。また、そんな信者たちはイエス様の慰めでもある。今日も主に寄り添って主の心を味わいながら過ごしたい。
園庭の片隅で満開の萩

人気の記事

指宿教会管理者の郡山です。よろしくお願いします!

信仰の質を高めるコツ----大文字の私と小文字の私を使い分ける

イエスの怒りは義憤、私たちの怒りは裁き、裁きは罪