私は今日も明日も、その次の日も自分の道を進まねばならない。

今日のみ言葉

ルカ13・31-35
「・・・私は今日も明日も、その次の日も自分の道を進まねばならない。・・・」

感想

37年前の1972年3月20日の司祭叙階式のために選んだみ言葉が今日の箇所。当時のカードはもう手元にはないが、確か、「・・・歩き続けなければならない」だったように思う。どちらでもいいのだが、「歩き続ける」ほうが生活感があってボクは好きだ。

歩くのは大好きで、野鳥を求めて毎日のように歩いている。それだけでなく、人生の旅を行くのも、歩いて行くというイメージがある。司祭職の旅も、毎日のように歩き回って、教会に来ない信者の家を歩いて探し回ることから始まった。さらに、司祭としての歩みを深める霊的旅も未だに継続中。生涯終わることのない旅だ。だから、「今日も明日も、その次の日も歩き続ける。」信者の旅も同じ信仰者の道。

今日もそんな旅の一コマであるように。
イソシギ 今日も歩く

人気の記事

指宿教会管理者の郡山です。よろしくお願いします!

信仰の質を高めるコツ----大文字の私と小文字の私を使い分ける

イエスの怒りは義憤、私たちの怒りは裁き、裁きは罪