皮膚病を癒やされた10人の内サマリア人だけが戻ってきた。何故?

今日のみ言葉

ルカ17・11-19
 10人の重い皮膚病患者が癒やされたが、「大声で神を賛美しながら戻ってきた」のはサマリア人、つまり「外国人」一人だった。

感想

サマリア人はユダヤ人にとっては「外国人」で異教の神々を礼拝する穢れた民として軽蔑の対象。そのサマリア人だけが感謝のためにイエスのもとに帰ってきた。他の9人、つまりユダヤ人は全員帰ってこなかった。どこに行ったのか。

イエス様は、「感謝の心がない」と直接的咎めをしなかった。なぜか?9人は、同じユダヤ人同胞から、重い皮膚病ゆえに排除されていた。「病は完治した」とのお墨付きを祭司にもらったことで、晴れて、一般市民に戻れた。「ユダヤ人として人々の中で人並の生活がしたい」という切なる願望が達成できた。で、彼らは、先ず同胞にきれいになった体を見せに走って帰ったにちがいないのだ。

同じユダヤ人として彼らの気持ちが痛いほどわかるイエス様としては、「感謝がない」と強い口調での咎めは控えざるを得なかったのだと思う。しかし、「皮肉にも、『感謝すべきことにきちんと感謝できることは宗教、人種の違いを超えて尊いことだ』ということを、あなた方が軽蔑しているサマリア人が教えてくれた」と言いたかったのではないか。

そうだとしたら、イエス様は、やはり、諸宗教懇和会の元祖。いや、キリスト信者はすべからく諸宗教懇和会のメンバーということにならないか。今日も、分裂ではなく、和解の使徒であるように。
みんなを和ませた昨晩の月のように…




このブログの人気の投稿

指宿教会管理者の郡山です。よろしくお願いします!

念願のネット宣教,図らずも指宿教会で実現。新しい宣教活動が始まる!

聖木曜日・主の晩さんの夕べのミサの朗読より