「生ける神の神殿」である私たちにイエスが渋い顔をされるのはいつ?

今日のみ言葉

ルカ19・45-48
「イエスは神殿の境内に入り、そこで商売していた人々を追い出し始めて彼らに言われた。『私の家は祈りの家でなければならない』…」

感想

いわゆる神殿清めの話。マルコのような大立ち回り(マルコ11・15)はないが、「私たちは生ける神の神殿」(2コリント6・16)とパウロが言うように、今日の箇所は、信者である私たちのこととして理解したい。とはいっても、「あなたたちは強盗の巣にした」とは言われないとしても、しばしば渋い顔をされることがあるのではないか。

素直にハイが言えない、簡単に自分の非を認めようとしない、人の良さを評価できない、すぐにケチをつけたがる、などなど。信者の生き方を、生ける神の神殿を汚していることになる。そうではなく、良さはよさとして受容できる自分。おおらかな心で共感できる自分。心穏やかに違いを受け入れることができる自分。そんな一日にしたい。
キミはキミ、ボクはボク


人気の記事

指宿教会管理者の郡山です。よろしくお願いします!

信仰の質を高めるコツ----大文字の私と小文字の私を使い分ける

イエスの怒りは義憤、私たちの怒りは裁き、裁きは罪