その日には、盲人の目が開き、つぶやく者も正しく語ることを学ぶ

待降節第二金曜日

今日のみ言葉

イザヤ29.17-24
「・・・その日には、耳の聞こえない者が書物に書かれている言葉すら聞き取り盲人の目は暗黒と闇を解かれ、見えるようになる。・・・心の迷った者も知ることを得、つぶやく者も正しく語ることを学ぶ。」

感想

「その日には」はいわゆる慣用句で、「救いが実現する日」のことで、耳が聞こえなかったり、目が見えない人々にとってはその癒やしは救い。何よりも、心の迷いやブツブツと不平不満を述べていた人は、心が定まらず、自分の不幸を人のせいにしている。そんな状況から解放されることはまさに救い。

待降節は、不平不満ではなく、つぶやきでもなく、おおらかな心で全てを受け入れていこうとする、「その日」を先取りする季節。今日もそんな一日となるように。
ボク一人もうでも大丈夫!



このブログの人気の投稿

指宿教会管理者の郡山です。よろしくお願いします!

信仰の質を高めるコツ----大文字の私と小文字の私を使い分ける

念願のネット宣教,図らずも指宿教会で実現。新しい宣教活動が始まる!