新しい葡萄酒は新しい革袋に。そうでないと葡萄酒も革袋もダメになる

今日のみ言葉

マルコ2.18-22
「・・・誰も織たての布から布切れを、古い服に継ぎを当てたりはしない。そんなことをすれば、新しい布切れが古い服を引き裂き、破れはいっそうひどくなる。また誰も、新しい葡萄酒を古い革袋に入れたりはしない。そんなことをすれば、葡萄酒は革袋を破り、葡萄酒も革袋もだめになる。新しい葡萄酒は新しい革袋に入れるものだ。」

感想

コウタロウ君は2歳になったばかり。さくら組さんの新しい仲間。当初は、何時間も泣いてばかり。今でも時折泣くことがある。あんな小さな子でも適応していく力はスゴイ。人が新しい環境に慣れていくときの原点を見るようで感動的ですらある。

新しい葡萄酒は新らしい革袋に。私たちの信仰の姿は、新しい葡萄酒を入れてもらったものの、あちこちから漏れ出していることに気がつかないでいるかのよう。しかも、どこら漏れているのかも分からないのが悔しい。

気づくためのヒントがあるとすれば、人から注意されたとき、素直に非を認めることは大原則かと思う。言い訳は最大のテキ。ダカラ、注意されることがなければ希望もない。

イエス様にとって、御父の意思は新しい葡萄酒。容易ではなかったが、「あなたに委ねます」と言われたとき、新しい命への道を開かれたことを忘れてはならない。こだわりからの解放こそ新しい葡萄酒にふさわしい。今日も新しい革袋への一歩となるように。
一日が終わり新しい一日への道を急ぐ

このブログの人気の投稿

指宿教会管理者の郡山です。よろしくお願いします!

念願のネット宣教,図らずも指宿教会で実現。新しい宣教活動が始まる!

聖木曜日・主の晩さんの夕べのミサの朗読より