こだわりから解放され、想像力を働かせ、自由闊達な信者への道

降誕節木曜日 1月9日

今日のみ言葉

ルカ4・14-22a
「その時イエスは、”霊”の力に満ちてガリラヤに帰られた。その評判が周りの地方一帯に広まった。イエスは諸会堂で教え、皆から尊敬を受けられた。…『…主が私を遣わされたのは、捕らわれている人に解放を、目の見えない人に視力の回復を告げ、圧迫されている人を自由にし、主の恵みを告げるためである。』・・・。」

感想

イザヤが言う「捕らわれている人」は、牢にいる人のことを言っているのだと思うが、実は、私たちのこと。私たちをとらえているのは、こだわり、思い込み、偏見などなど。それらからの解放。「目の見えない人」も私たちのこと。空気が読めない、周りの迷惑が分からない。忖度は悪い意味に使われているが、「推測する」ことなので、想像力の問題。想像力がないと思いやることもできないので、捕らわれた状態が続くので深刻。人をイライラさせるのは悪。
「圧迫されている人」も私たち。見通しを立てることができなくて四苦八苦することもある。自分を窮屈にしているのは、他人ではなく自分自身。自分にこだわっていたら違いを受け入れることはできない。

クリスマスを祝い、新年を迎えて、改めて、死と復活の神秘を生きる信者として新しい自分になることを新年の誓いとしたい。
ラオスからの夜明け


このブログの人気の投稿

指宿教会管理者の郡山です。よろしくお願いします!

念願のネット宣教,図らずも指宿教会で実現。新しい宣教活動が始まる!

聖木曜日・主の晩さんの夕べのミサの朗読より